トイレ掃除 道具

トイレ掃除の道具

トイレ掃除に必要な道具で、ほとんどの家にあるものが、トイレブラシでしょう。 トイレブラシの素材・形は、多種多様ですが、柄がついていて、手を汚さずに掃除ができる点は共通しています。

 

最近では、トイレに流して捨てることができる使い捨てのトイレブラシも販売されています。 トイレブラシは、一説によると、汚れた河川以上の雑菌を持っていると言われており、 清潔に保ちにくいトイレ掃除道具の一つです。

トイレブラシは、時々、トイレの水が溜まっている部分に漂白剤を入れ、一晩付け置いて、除菌し、 しっかりと乾かしてしまうようにするといいでしょう。

 

トイレ掃除の道具で、あると便利なものに、ゴム手袋、軍手、使い古しの歯ブラシ、割り箸、 スポンジ、綿棒、ぞうきんがあります。

 

ゴム手袋は洗浄力がきついトイレ洗剤から、手を守ったり、直に触れることに抵抗がある部分の掃除に役立ったりします。

軍手は、ゴム手袋の上から、手にはめて、ぞうきんの代わりに使うと、 細かい部分まで、しっかり指が通り、きれいに掃除することが可能です。 使い古しの歯ブラシや、綿棒も細かい部分の掃除に使用します。

 

また、トイレの掃除で、『こすり落とす』ときに、あると便利なものが、割り箸です。 便器のような陶器の物は、スチールワイヤー(金属タワシ)を使用すると、傷が付いてしまい、傷に汚れが溜まりやすくなるため、傷をつけないように掃除するのが基本です。

 

割り箸は適度に硬く、汚れをこそげ落とすのに効果があり、傷をつけません。 トイレ掃除で尿石などのこびりつきをこそげ落とすのに、耐水ペーパーがすすめられる事も多いのですが、傷が心配な場合には、割り箸を使うといいでしょう。 割り箸だけでなく、竹べら、竹串なども使用できます。

 

トイレ掃除に必要な道具は、トイレブラシだけと言うわけではなく、 普通の部屋を掃除する時と同じように、汚れや使い方に合わせた道具があると、便利です。 傷をつけたくない場合の割り箸や竹べら、 細かい部分まで掃除するための綿棒や歯ブラシ、軍手なども用意して、 トイレの大掃除から、手間を省いてしまいましょう。