トイレ 床掃除 

トイレの床掃除の方法

トイレの床は、排泄物の汚れが落ちやすく、できるなら毎日でも拭き掃除をしたほうがいい場所です。 特に、小さいお子さんのいる家庭や高齢者のいる家庭では、できるだけ毎日掃除をするといいでしょう。

 

トイレの大掃除で、床を掃除する時には、床と便器の境目、床と壁の境目、床と配管の境目など、 すごく細かいけれど、汚れが残っていそうな場所を、しっかりきれいにすることを心がけましょう。

 

使い古しの歯ブラシや爪楊枝、竹串を使用したり、小さなブラシを使用したりして、境目の小さな隙間に詰まっている汚れをかき出すように掃除をするのが、コツです

境目の小さな隙間から出てくる汚れは、排泄物とほこりが混じった汚れ。 酸性の洗剤を薄めて使用すると効果的です。 クエン酸液や酢でも、効果がありますよ。

 

隙間の汚れを取り除いたら、床全体を拭き掃除します。

酸性洗剤を薄めたもので拭き掃除してもいいですし、住まいの洗剤を利用してもいいでしょう。 でこぼこのあるクッションフロアなどの場合は、タワシで軽くこするようにすると、 雑巾で拭くだけよりも、でこぼこの部分まで、しっかりときれいになります。

 

トイレの床は、クッションフロアやフロアタイルなどのビニール系素材が多いのですが、近年、意匠性の高いフローリングを使用している家庭も見られます。

 

フローリングを使用している場合、大掃除に集中的に掃除するのではなく、 日常的にこまめな掃除をし、ワックスがけを怠らないようにしなければなりません。 トイレ掃除は、床の素材にも注意が必要です。