トイレ 掃除 尿石

尿石とは?

トイレで一番厄介な掃除が、尿石の掃除です。

尿石とは、尿に溶けているカルシウムイオンが炭酸などに反応し、カルシウム化合物として固まったもので、 便器のふちの水が出てくる場所などの、普段掃除がしにくい場所に、よく発生します。

尿石はカルシウム化合物ですから、固まるとカチカチになってしまい、取り除くのがとても大変になってしまいます。しかも、臭うため、トイレの中で一番厄介な代物と言えるでしょう。

尿石掃除の手順

尿石の掃除は、最初に、洗剤ラップをします。 キッチンペーパーやティッシュペーパー、トイレットペーパーに洗剤を染み込ませて、 尿石のある部分を覆います。

しばらくそのままにしておき、尿石が落ちやすくなるのを待ってから、 ブラシでこすり落としたり、たわしでこすり落としたりします。

 

それでも、落ちない頑固な尿石は、剥ぎ取るしかありません。 洗剤ラップをして、最初は割り箸でそぎ落とし、割り箸ではそぎ落とせなくなったら、スプーンに取り替えます。 スプーンでもそぎ落とせなくなったら、マイナスドライバーです。 割り箸、スプーン、マイナスドライバーと進むにつれ、傷つきやすくなるので、慎重に行いましょう。

 

そぎ落とせるだけ落としたら、洗剤ラップをして、ブラシでこすります。 どうしても尿石が落ちない場合には、耐水ペーパーを使う方法もあります。 耐水ペーパーはやすりの一種で、ついている番号が大きいほど、目が細かいため、傷が付きにくくなります。 1200番以上の耐水ペーパーを使用し、傷をつけないように気をつけましょう。

 

尿石は、トイレ掃除の中でも一番厄介な掃除です。 大掃除になってから慌てないように、普段からこまめに、便器のふちの裏などを掃除しておくことが、 尿石掃除を簡単にし、手間を省くコツでしょう。